テーマ:アメリカ映画

思い出エッセイ〔497〕映画雑記帳250「【フューリー】感想」

 【フューリー:FURY】(ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、監督:デヴィッド・エアー)。 戦車が主人公、それだけの予備知識?しかなく、と言って、戦車だけ見せるわけにいかないから、おそらく戦場シーンと組み合わせなのだろう、その程度しか思いつかず、評判になっているようだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔489〕映画雑記帳244「【ゴジラ】感想」

【ゴジラ】(アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、エリザベス・オルセン、ブライアン・クランストン、ジュリエット・ビノシュ、サリー・ホーキンス、デヴィッド・ストラザーン、監督:ギャレス・エドワーズ)。 初めて「ゴジラ映画」を見ました。アメリカ映画です。 最初のゴジラが出現した1950年代半ばは、高校から大学に進学した頃で、当時は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔484〕映画雑記帳241「【ノア-約束の舟-】感想」

 【ノア-約束の舟-】(ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、エマ・ワトソン、ダグラス・ブース、ローガン・ラーマン、アンソニー・ホプキンス、レイ・ウィンストン、監督:ダーレン・アロノフスキー)。 折しもサッカー・ワールドカップ真っ最中、観客、少ないのでは、と思ったら、8割強位か、普段と比べてもかなり多いという感じで、ちょっと驚…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔482〕映画雑記帳239「【プリズナーズ】感想」

【プリズナーズ】(ヒュー・ジャックマン、ジェイク・ギレンフォール、テレンス・ハワード、監督:ドゥニ・ヴィル・ヌーヴ)。この映画について少々しか情報を持たず、みている最中もこんな映画だったのかと何度も思いました。 要するに、幼い娘が突然失踪した、一線を越えて奮闘する父親、などと言うタイプのキャッチコピーから、よくある警察の捜査の先を…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔481〕「5月のある日」

「テレビで見た映画、【ミシシッピー・バーニング】」「ダチョウの生活」 「テレビで見た映画、【ミシシッピー・バーニング】(ジーン・ハックマン、ウィレム・デフォー。監督:アラン・パーカー) テレビの映画は殆ど見ない方です。その理由は以前書きましたが、映画は映画館で見たい、テレビの小さい画面ではもの足りない、集中して見ることができない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔480〕映画雑記帳238「【ブルー ジャスミン】感想」

 【ブルー ジャスミン】(ケイト・ブランシェット、サリー・ホーキンス、アレック・ボールドウィン、ピーター・サースガード、監督:ウディ・アレン)。 長年通った映画館が五月末で閉館することになり、私にはこれが最後の映画となります。映画館事情も相当悪くなり、遠出をしなければなりません。 ウディ・アレンもここで何本かみましたが。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔477〕映画雑記帳236「【アナと雪の女王】感想」

【アナと雪の女王】(日本語吹き替え版声:松たか子、神田沙也加、ピェール・瀧、星慎一郎、津田栄佑、監督:クリス・バック、ジェニファー・リー)。 自分の事情から書き始めるのも気が引けますが、映画感想をメインにブログを書いていながら、実に?二か月(近く)ぶりに映画を見ました。 そのメインの理由は前回ちょっと書いた、3週間以上パソコンな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔474〕映画雑記帳235「【エージェント:ライアン】感想」

 【エージェント:ライアン】(クリス・パイン、ケビン・コスナー、ケネス・ブラナー、キーラ・ナイトレー、監督:ケネス・ブラナー)。 大雪が二回も降って、用事がいくつかたまっていました。歩く道だけは確保されたようなので、ついでに近場で映画を見ようかと思い、封切り間もないこの映画をみることにしました。 CIAの映画らしいということ以外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔470〕映画雑記帳231「【キャプテン・フィリップス】感想」

 【キャプテン・フィリップス】(トム・ハンクス、キャサリン・キーナー、バーカッド・アブディ、バーカッド・アブディラマン、監督:ポール・グリーングラス)。 海賊と言えば、私の子供の頃は、怪しげな船が近づいて来たかと思うと、スルスルと髑髏マークの旗が上がる、例えば『宝島』、現代の海賊は、ジョニー・デップのジャック・スパロウ、今も昔も海…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔468〕映画雑記帳229「【悪の法則】感想」

 【悪の法則】(マイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス、ハビエル・バルデム、ブラッド・ピット、監督:リドリー・スコット)。原題は“THE COUNSELOR”。 日本語でも使う、カウンセラー、と言う原題、米語では弁護士、法廷弁護士の意味でも使うとありますが、本作では主人公の弁護士の呼び名になっています。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔457〕映画雑記帳223「【ホワイトハウス・ダウン】感想」

 【ホワイトハウス・ダウン】(チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス、マギー・ギレンホール、ジェイムズ・ウッド、ジョーイ・キング、監督:ローランド・エメリッヒ)。スカーッとするものを見たいと思っていました。当たりでした。 「ホワイトハウス」などと言うタイトルでは、あまり期待できないかなと言うちょっとした、無意識の先入観があっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔455〕映画雑記帳222「【終戦のエンペラー】感想など」

 【終戦のエンペラー】(マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ、初音映莉子、西田敏行、羽田昌義、火野正平、中村雅俊、夏八木勲、桃井かおり、伊武雅刀、片岡孝太郎、監督:ピーター・ウェーバー)。原題は、ひと言“EMPEROR”。 この映画の主役、終戦時の占領軍情報将校で、マッカーサー元帥の副官(とあったと思うのですが、准将が副…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔448〕映画雑記帳197「【華麗なるギャツビー】感想など」

 【華麗なるギャツビー】(レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン、ジョエル・エドガートン、アイラ・フィッシャー、エリザベス・デビッキ、ジェイソン・クラーク、監督:バズ・ラーマン)。ディカプリオの「ギャツビー」を観られるとは思っていませんでした(生きている間に、と付け加えたら、さすがに大袈裟ですけど)。 ご…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔446〕映画雑記帳196「【イノセント・ガーデン】感想」

 【イノセント・ガーデン】(ミア・ワシコウスカ、ニコール・キッドマン、マシュー・グード、監督:パク・チャヌク)。“STOKER”と言う、素っ気ない原題です。時々事件が起きる、あのストーカーとはスペルが異なり、ストーカーは主人公一家の姓です。 この映画を見てみようかと思ったのは、韓国の著名な監督がハリウッドで初めて映画を撮る、美しく…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔445〕映画雑記帳195「【モネ・ゲーム】感想」

 【モネ・ゲーム】(コリン・ファース、キャメロン・ディアス、アラン・リックマン、監督:マイケル・ホフマン)。「睡蓮」とは対照的に地味な、「積み藁」の贋作が、ある意味主役の、モネ作品をめぐるコメディです。 コリン・ファースは、【英国王のスピーチ】を見ていず、その前の、【シングルマン】の、長年のパートナーを喪い、絶えず自死を考える、暗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔442〕映画雑記帳194「【L.A.ギャングストーリー】感想」

 【L.A.ギャングストーリー】(ジョシュ・ブローリン、ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ニック・ノルティ、ショーン・ペン、監督:ルーベン・フライシャー)。‘ギャングストーリー’と言う特に意味のない平板なタイトルで損をしていると思います。原題は、“GANGSTER SQUAD”。 【リンカーン】の後にギャング映画と言うのも、若…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔441〕映画雑記帳193「【リンカーン】感想」

 【リンカーン】(ダニエル・デイ=ルイス、サリー・フィールド、トミー・リー・ジョーンズ、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、監督:スティーヴン・スピルバーグ)。 リンカーンと言うと、ひと通り知っているという感じがあると言うか、印象が固定してしまっていると言うか、子供の頃の偉人伝に始まって、奴隷制度と南北戦争について見たり読んだりする度…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔433〕映画雑記帳188「【ジャンゴ―繋がれざる者】感想」

 【ジャンゴ―繋がれざる者】(ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオ、ケリー・ワシントン、監督:クエンティン・タランティーノ)。 この映画について、タランティーノ監督による西部劇、程度の情報しか持たず、【イングロリアス・バスターズ】が面白かったから、位の気分で見たのですが、目が醒める思いがしました。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔432〕映画雑記帳187「【ゼロ・ダーク・サーティー】感想」

 【ゼロ・ダーク・サーティー】(ジェシカ・チャスティン、ジェイソン・クラーク、ジョエル・エドガートン、ジェニファー・イーリー、マーク・ストロング、カイル・チャンドラー、監督:キャスリン・ビグロー)。「ゼロ・ダーク・サーティー」とは、午前零時30分の軍用語だそうですが、ウサマ・ビンラディンの潜伏先に、米特殊部隊(ネイビー・シールズ)が突入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔430〕映画雑記帳186「【ライフ・オブ・パイ】感想」

 【ライフ・オブ・パイ―トラと漂流した227日】(スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、監督:アン・リー)。最初この映画のことを知った時、実話の映画化かと思いました。一体どうやってトラを・・・と思ったら、殆どがCG等の「デジタル技術」に拠るそうです。その結果が素晴らしい作品と、まず言えることになるのでしょうか。 ストーリーは、ひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔420〕映画雑記帳179「【人生の特等席】感想」

 【人生の特等席】(クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、監督:ロバート・ロレンツ)。原題は、“Trouble with the Curve”。カーブに問題あり、或いは難あり、ということでしょうが、この映画のヤマ(と言っても、段々盛り上がって行って、そのトップということではなく、ピンの先という感じ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔416〕映画雑記帳176「【推理作家ポー 最期の5日間】感想」

 【推理作家ポー 最期の5日間】(ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン、監督:ジェームズ・マクティーグ)。原題は“The RAVEN”(大鴉)、言うまでもなくポーの有名な詩のタイトルです。内容解説の邦題はやむを得ないのかしらと思いますが・・・ コワイかなあ、コワイにきまってる、「アウトレイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔413〕映画雑記帳175「【ボーン・レガシー】感想」

 【ボーン・レガシー】(ジェレミー・レナー、レイチェル・ワイズ、エドワード・ノートン、ジョアン・アレン、アルバート・フィニー、監督:トニー・ギルロイ)。 ボーン・シリーズと言えば、マット・デイモンなので、主役も監督も替わって、続編という感じはあまりしないのですが、「これまでの話は氷山の一角に過ぎなかった」というキャッチコピー(と言…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔408〕映画雑記帳171「【プロメテウス】感想」

 【プロメテウス】(ノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダー、ガイ・ピアース、シャーリーズ・セロン、監督:リドリー・スコット)。プロメテウスと言えば、火。火は人類が作り出した最古のエネルギー・・・それにまつわるストーリーか、などと思っていたら、「プロメテウス」とは、人類の起源を探るために宇宙へ旅立った宇宙船の名前でした。 結構長い…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔403〕映画雑記帳169「【スノーホワイト】感想

【スノーホワイト】(クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワース、サム・クラフリン、監督;ルパート・サンダース)。原題は“SNOW WHITE & The HUNTSMAN”。Huntsmanは、猟師、猟をする人、などの意味ですが、童話『白雪姫』の中でも女王の命令を忠実に守る猟師が主要な登場人物ですし、映画では、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔401〕映画雑記帳168「【崖っぷちの男】感想」

 【崖っぷちの男】(サム・ワーシントン、エリザベス・バンクス、ジェイミー・ベル、ジェネシス・ロドリゲス、エド・ハリス、監督:アスガー・レス)。原題は“Man on a Ledge”。高所から飛び降りようとしている男、またそれを思い留まらせようとする警察のサイコロジスト、などの意味があるようです。 昔の高所恐怖症から完全に脱したとは…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

思い出エッセイ〔400〕映画雑記帳167「【ミッドナイト・イン・パリ】感想」

 【ミッドナイト・イン・パリ】(オーウェン・ウィルソン、レイチェル・マクアダムス、キャシー・ベイツ、マイケル・シーン、マリオン・コティヤール、監督・脚本:ウディ・アレン)。現代と、ベル・エポック、そして1920年代のパリを往き来する、ゆったりとした気分で楽しめる作品でした。 冒頭、パリの風景、それもゆっくり走る観光バスの窓から眺め…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔398〕映画雑記帳166「【幸せへのキセキ】感想」

 【幸せへのキセキ】(マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、監督:キャメロン・クロウ)。原題は、映画の内容そのもの、“We Bought a ZOO”「動物園を買っちゃった」。 この映画を見てみようかなと思ったのは、大人になってからも結構長い間、動物園好きだった、その血が騒いだ?からかも知れません。 ほっとする気分になれる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔395〕映画雑記帳162「【幸せの教室】感想」

 【幸せの教室】(トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、監督:トム・ハンクス)。原題は主人公の名前、“LARRY CROWNE ”。ジュリア・ロバーツも久しぶり、気楽に見られる映画のようだし、とフラッという感じで見てみました。 それにしても、「幸せの教室」とは・・・何もイメージできず、とにかく監督だけでなく制作、脚本もトム・ハンクス…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

思い出エッセイ〔387〕映画雑記帳158「【戦火の馬】感想」

【戦火の馬】(ジェレミー・アーヴァイン、エミリー・ワトソン、ピーター・ミュラン、監督:スティーブン・スピルバーグ)。原題は“WAR HORSE”「軍馬」ですが、邦題の方が響きがいいように思います。 犬の映画という呼び方に倣えば、馬の映画ということになるかも知れませんが、大きい動物だけに?時代、戦争、人間が関わって、その主役となり得…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more